ハイキュー2

ハイキュー2

ハイキューから英語を学ぼう。シーズン2ー25 最終回

烏野が青葉城西を下し 決勝戦へと行くこととなった。 相手は牛若率いる白鳥沢。 全国常連校だ。 青葉城西の監督の言葉は心打つものがあった。 名言にあるので確認してね。
ハイキュー2

ハイキューから英語を学ぼう。シーズン2ー24

青葉城西との試合も今回で決着がつきます。 試合は3セット目の中盤。 点を取っては取られてを繰り返すが なかなか烏野は先制することができない。 コーチは山口のピンチサーブを選ぶ。 完璧なサーブ。 でも相手の岩泉が粘り強く拾い続け 山口のサーブは1本で止められた。
ハイキュー2

ハイキューから英語を学ぼう。シーズン2ー23

青葉城西vs烏野は 3セット目まで結果はわからない。 狂犬こと京谷は月島、田中によって封じ込められ、 自滅もしていくようになった。 ここがチャンスと 2点差をつけることができた烏野だが、 調子の悪い狂犬を下げてから、 及川のサーブで崩され、
ハイキュー2

ハイキューから英語を学ぼう。シーズン2ー22

烏野vs青葉城西との試合は続く。 2セット目は城西有利で試合が進む。 5点差がついて割とやばい雰囲気。 さらに狂犬「京谷 賢太郎」は スロー スターターなので どんどん調子を上げてきている。
ハイキュー2

ハイキューから英語を学ぼう。シーズン2ー21

青葉城西の狂犬と呼ばれる選手 「京谷 賢太郎」 彼のアタック、サーブはとても強烈。 城西になかった攻撃力を 生み出した選手だ。 狂犬は得点を取るがミスも目立っていた。 それでも及川は狂犬を使い続けた。
タイトルとURLをコピーしました