【喋るための英語勉強】と【点数を取るための英語勉強】の勉強法の違い。

英語の勉強の仕方には違いがある。『喋るための英語の勉強』『点数を取るための英語の勉強』STUDY
達磨
達磨

多くの人が
学校や家での学習で、
点数を取るための英語』の勉強方法を使っています。


点数を取るための英語の勉強をどれだけしても、
英語が話せるようにはなりません。

英語の勉強ってどうやってやるの?

多くの人が疑問に思うことですね。
結果から言えば、2つ方法があります。

『喋るための英語の勉強』と『点数を取るための英語の勉強』

『喋るための英語の勉強』と『点数を取るための英語の勉強』の違い

この2つは目的がはっきりと違います。

学校や資格では、
後者の点数を取るための勉強。

海外留学や、英語を話す機会がある、
英語を聞く練習をしているのが前者になります。

達磨
達磨

英語の勉強が『必要な目的』が必要だね。

英検やTOEFL用の英語の勉強方法

点数を取るための英語の勉強について解説します。

点数を取るための英語の勉強について解説

当サイトでは、
『アニメから英語の勉強ができるSFromA』を
無料で公開していますが、
SFormAでは点数を取るための勉強には
少し不向きです。

SFromAは
『英語の勉強の継続』に力を入れています。

なので、点数を取る勉強に疲れた〜!
って時などには、
気晴らし程度に英語に楽しく触れるのに
おすすめです。

点数を取るための英語の勉強方法1『過去問を解く。』

点数を取るための英語の勉強方法1『過去問を解く。』

点数を取るための英語の勉強は
過去問を解くのがいい。

その理由は2つ。

  1. 過去の問題傾向をみる。
  2. 過去での問題が解けないと話にならない。

過去問と全く同じ問題が出ることはないですが、
似たような単語などは出るので、
大体の意味ぐらいはわかっておきたいですね。

英検の過去問は無料でダウンロード可能です!

点数を取るための英語の勉強方法2『英単語を覚える』

点数を取るための英語の勉強方法2『英単語を覚える』

ひたすら英単語を覚えると
点数が上がる傾向にある。

なぜなら、
選択肢にある英語を知っていれば
日本語のように『これは違う』と
省くことができるからです。

英単語の暗記は
喋るためにも必要ですが、
使わない単語もあるので
闇雲に覚えるのは効率が悪いです。

ただ、
ある程度の英単語は必須です。
過剰な英単語暗記は
点数Upには効果抜群、喋るには効率downです。

本で勉強するなら『ユメタン』
1つ1つの英単語をマスターしていく英単語帳。

『キクタン』は数多くあります。
2000円程度あればどのシリーズでも買えるので
好きな物を選んでね〜!

ちなみに、迷った時は黄色がいいよ。

達磨
達磨

英単語の暗記が続かない。。。
って方は、当サイトで紹介している、
『大人だから英語の勉強』がおすすめです。

アニメから毎日少しでも
英単語を覚えることができます。

アニメからなので、
楽しく毎日継続することができます。

【大人だから英語の勉強】

喋る、理解するための英語の勉強方法

英語を喋る、理解するための勉強は
根気が必要です。

喋る、理解するための英語の勉強方法

人によっても発音が違ったり、
喋る方法、伝える方法には
いくつもの方法があるので、
経験がものをいうことが多いです。

なので、こちらの勉強方法は
『継続』が命です。

達磨
達磨

英語を喋る、理解するための英語の勉強は
『隙間時間』をうまく使うのが上達へのコツ。

コツコツは難しいので、
携帯でもできるものがおすすめです。

喋るための英語の勉強方法1『TEDを聞く』

英語の勉強は『TEDを聞く』

この方法はアメリカでの
語学学校で教えてもらう方法です。

違う国の言葉に慣れる必要があるので、
聞き取りやすいもの、
興味のあるものから始めるのがおすすめ。

最初は、英語の字幕をつけたり、
日本語の字幕をつけて、
とにかく継続して
耳が英語を聞いているとわかるぐらい
聞きましょう!!

無料で日本でもアクセスできる点や
本当に勉強になる内容を聞くことができます。

TEDのリンクを貼っておきます。
詳しいTEDの使い方、勉強への活用方法はこちらの記事に
詳しく書いています!

喋るための英語の勉強方法2『アルクを使う。』

英語の勉強は『アルクを使う。』

英語を喋る、理解するに特化した
英語の勉強アプリ。

喋るためには
喋る勉強、特訓が必要です。
アルクのこのアプリと、
同じ会社が出している、
『キクタン』や『完全攻略!TOEFL テスト』
などと一緒に使うのがおすすめ。

私は、アルクのオンラインを使うわず、
本だけを使っていました。

その代わり、
駅前留学に留学前に行っていましたが、
今でも後悔。。。

英語を話すに特化したアプリは
好きな時にできるのが本当にいいところ。

本で勉強するなら『キクタン』
聞いて覚えるので喋る、理解するにはもってこい!

おすすめ英語の勉強教材

『キクタン』は数多くあります。
2000円程度あればどのシリーズでも買えるので
好きな物を選んでね〜!

ちなみに、迷った時は黄色がいいよ。

とりあえず始める英語の勉強方法。

点数も取りたいし、
喋ったり、英語を聞けるようにしたい!
と思う方は、
SFromAがおすすめです。

とりあえず英語の勉強がしたい方にも
SFromAがおすすめです。

達磨
達磨

SFromA は 『継続に特化した』英語の勉強Toolです。

『他の教材などをしながら、
休憩しながらでも英語の勉強ができちゃう』

SFromA はここからスタート!

In conclusion

この記事を読んでいる方は、
英語の勉強に真髄に既に気づいた方が
ほとんどだと思います。

達磨
達磨

何事にも、『目標』があってこそ、
そこへの道筋を決めることが出来ます。

英語の資格が欲しい!必要!
って思う方は、『点数を取るための勉強』を。

英語が話したい!英語を聞き取りたい!
って思う方は『喋る、理解するための勉強』を。

最後になりますが、
英語の勉強は
『点数を取るため』『喋るため』
どちらでも継続することが絶対です。

当サイトでは、
継続させることに特化している
無料英語勉強サイトです。

好きな時、
隙間時間、
勉強を始めるきっかけに。。。

リンクを貼っておくので、
やる気がある方限定で
覗いてください。

タイトルとURLをコピーしました