【烏野 vs 白鳥沢】『バレーは常に上を向くスポーツだ。』って英語でなんていうの? SFromA-08

ハイキュー白鳥沢編

英語でなんていうの??
烏野が崖っぷちの状態で烏養コーチが叫んだ言葉、『下向くんじゃねぇ〜!』『バレーは常に上を向くスポーツだ』は英語でなんていうんだろう??

白鳥沢編から英語を学ぶ。

アニメハイキューSEASON2の後に来るのが
この『烏野高校 vs 白鳥沢学園高校』になります。

ネタバレが含まれるので、
SEASON2まで見てから見ることをおすすめします!

ハイキュー見るなら、漫画もアニメもU-Next!

電子書籍

英語の勉強は効率よく。

達磨
達磨

この記事を選んでくださりありがとうございます!
『継続は力なり』英語勉強ではこれに限ります。
毎日コツコツ、英語に触れることで
使える英語が身に付きます。

【vs 白鳥沢】CH08のまとめ。

5セット目。
牛若のサーブの番で6点やられた。
烏野が取っていた多くの得点も
一気に追いつかれてしまった。

月島の代わりに入った「成田一仁」も頑張るが
烏野の1番の長身:月島がいないといるのでは
やはりブロックの時に差が出る。

菅原を含めて全員が
アタックに飛び出るシンクロ攻撃を
天童のゲスブロックで止められてしまう。

その直後の攻撃でも
菅原は怯えることなく全力で
声を出してアタックに参加しにいく。

西谷は菅原を選ばなかったが
菅原の動きは相手のブロックを翻弄させた。

影山が復活。
サービスエースを決めた。

それでも牛若の力強い
アタックが烏野を襲う。

一点でも取られた負けの状況。
それでも、シンクロ攻撃をやめずに13 vs 13. 

でも、牛若の強烈アタックで崖っぷちの烏野。
そこに戻ってきたのは、月島だ。

シンクロ攻撃には
弱点があった。

リバウンドを拾う選手がいない。
その分恐怖心もある。
でも、相手のブロッカーはどこに来るか本当にわからない。

【アニメハイキュー】烏野高校vs白鳥沢学園高校 CH08から英語を学ぶ。

『変なところで受けたな。』菅原 孝支

菅原が日向の顔面レシーブに対して言った言葉から。

・You sure got hit in a strange place.
→ 変なところで受けたな。

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

「変な」って英語でなんていうの?
単語:strange (形容詞)
「奇妙な」って意味もあります。

『バテ山くんはやっと復活ですか?』日向 翔陽

日向が影山に言った言葉から。

・Are you finally back, Tiredyama-kun?
→ バテ山くんはやっと復活ですか?

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

なんでbackがあるのに、are you なの?
質問の意味として、
一般動詞がくるときは、Do you を使うと習います。

でも、今回は are you を使います。
back が動詞じゃないからです。

ここでのback は「戻る」っていう名詞。

『こういう時こそ、応援でしょうが!』田中 姉

田中の姉が言った言葉から。

・This is exactly when we should be cheering!
→ こういう時こそ、応援でしょうが!

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

ここでの”exactly” は何を説明しているの??
自動詞 (その単語だけで意味がわかる)とき、
副詞(exactly) は動詞の直後にきます。

This is exactly = こういうとき、今まさに、

when や where が文中にくると
そこで一度区切りましょう。


This is exactly
when
we should be cheering

今まさに、
(いつ)
応援すべき。

お疲れ様でした。
今日の名言にいきましょう。

今日の名言。

『下を向くんじゃ、ねぇ〜!バレーは、常に上を向くスポーツだ!』烏養

下を向くんじゃ、ねぇ〜!
Don’t you dare look down!

バレーは、
Volleyball… 

常に上を向くスポーツだ!
is a sport where you’re always looking up!
烏養コーチ

Created By ondoku3.com

『初めて明確に、お前を叩き潰したい。』牛若 若利

俺は、俺達が勝つ事を疑わない。
I haven’t doubted once that we would win.

でも今、
But right,

初めて明確に、
I am completely sure 

お前を叩き潰したい。
that I want to crush you.
牛若 若利

Created By ondoku3.com
タイトルとURLをコピーしました