アメリカ旅行を難なくこなすためのパンフレット『ATM編』”3″

旅行情報発信場

ハワイ、ロサンゼルス、ニューヨーク、、、
アメリカには観光地がたくさん!!!

でも言語が違う。。。
全くの問題なし!!
パンフレットを持って楽しみましょう!

アメリカでも現金でしか支払いできない場所がある。

先進国アメリカと言っても
全ての買い物でカード、Apple Pay を使うわけではない。

まだまだ、現金を使っています。(2021年)

アメリカのお金を詳しく知りたい方は
こちらの記事からどうぞ。

現金を取り出す必要が
アメリカで起こった時、
このパンフレットがあなたの旅行を
スムーズにさせる。
スクリーンショット、画像を保存して
安心して旅行を楽しもう!!

ATMに関する単語を紹介。

ATM以外でも使う単語。

こちらで紹介する3つの単語は
直訳すると意味がわからない単語です。

3つの単語は是非とも覚えておいてほしい。

  • 残高
    balance
  • 現金
    cash
  • 小銭
    coins
達磨
達磨

Cash only ってレジに書いてあったら
現金しかだめ!
ってことだよ。

ATMで使う英単語を知っておこう!

ATMはモール内や、
コンビニなどにあります。
もちろん、銀行の外にもあります。

では、順を追って説明していきます!
カードをまずは挿入します。
すると、間違いなく出てくるこの画面。

  • PIN number
    → 暗証番号。(4桁か6桁の番号)

すると、いろいろな選択肢が出てきます。

  • withdrawal
    → 引き出し(出金)
  • deposit
    → 預け入れ(入金)
  • transfer
    → 振り込み(振込)

現金を取り出したいときは、
withdrawal をクリックして、金額を入力。

現金をカードの中に入れたいときは、
deposit をクリックして、お金を入れる。

カードの中に二つアカウントがある場合、
一つのアカウントから別のアカウントに
お金を移動させるには、transfer をクリック!

パンフレット

知っておかないとわからない単語。
それは、、、 Cash.
意味は、現金。

Cash Only って書いてあると、
現金しかだめなので、カードで払えない。

そんな時に、ATMでお金を下ろす必要があります。

カードを入れたらまずは
暗証番号を入れないと。。。
(PIN Number = 暗証番号)

その後に知っておきたい単語も確認しておきましょう。

  • Withdrawal = お金の引き出し。
  • deposit = お金を口座に戻す。
  • transfer = 振り込み

最後に

このパンフレットを
スクリーンショット、画像保存しておけば、
いざって時に慌てずに
旅行をスムーズに行けます!

忘れずに〜〜〜

ATMで使う英語。

パンフレット一覧

  1. 飛行機編
    こちらをクリックでパンフレットを確認。
  2. お金編
    こちらをクリックでパンフレットを確認。
  3. ATM編
    こちらをクリックでパンフレットを確認。
タイトルとURLをコピーしました