『私、ワクワクさんだよ。』アニメヒロアカから英語の勉強。SFromA – 21【ヒロアカ4】

ヒロアカから英語の勉強僕のヒーローアカデミア4

英語でなんて言うんだろう?
私、ワクワクさんだよ。
I’m getting excited.
by えり

好きなものから好きな時に。

遂に、大人気アニメ「ヒロアカ」から
英語の勉強ができる SFromA が完成!

好きな時に、
好きなだけ。

好きなものから、
英語の勉強!

好きなアニメはありますか??写真をクリック!

こんにちは、作者の達磨です。

ヒロアカが大好きな方に
この記事を読まれていると
思いますが、、

もしも、まだ見たことなくて
この記事でヒロアカを知った人は
漫画、アニメどちらでもいいので
見てみてください!!

本当に、最高のアニメです!!
100を超えるアニメを見てきた
私のおすすめアニメtop 5 に入ります!

一度見たことある人も、
まだ見たことない人も、
この記事を見てくれたのは何かのご縁。

最後にリンク貼ってるので、
必要ならそちらから購読してくださいねぇ〜。

ヒロアカシーズン4:21まとめ。

青山を吊るして
ミラーボールにする
作戦のために使うロープが
すり減っていることに
前日の夜に気づいた緑谷は
明日の朝イチで買いに行くことにした。

ロープを買って帰る時、
ジェントルとラブラバに
偶然出会う緑谷。

前日に八百万が出してくれた
珍しい紅茶が隠れた名店にしかなく、
それをジェントル達は楽しんでいて、
今から雄英に向かうところで出会った。

珍しい紅茶を緑谷が知っていることに
ジェントルは驚き、喜び
話しかけてしまったのが原因で
わかってしまった。

緑谷は声と紅茶から
彼らが何か雄英に
ちょっかいを出そうとしていることに
気付き止めようとする。

しかしジェントルは諦めずに
緑谷に対抗する。

ジェントルは個性をうまく使い、
建物、空気を弾性にする個性で
緑谷を翻弄した。

鉄骨を民間人に落とすそぶりを見せ、
緑谷はその鉄骨を抱える。

やっとのことで持てる重たい鉄骨を
持っているそのすきに
ジェントルは雄英に入り込もうとするが
緑谷は片手でそれを持ち上げ、
新技、空気砲を発射。

この記事をお読みの方は
この記事もよく読まれています。

ヒロアカ アニメグッズ紹介

僕のヒーローアカデミアの最新グッズ紹介!

ヒロアカ4から英語の勉強開始!

『便利道具扱いしないの。』芦戸 三奈

芦戸が八百万のことをかばったシーン。

・Don’t treat her like a handy tool!
→ 便利道具扱いしないの。

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

“treat” を使うときは、
単語のすぐ後ろに 「人」がきます。
今回の場合は、”her”

treat her like ~~
→ 彼女を〜のように扱う。

handy tool = 便利道具。

『下の人に落とそうとしたのか。』緑谷 出久

緑谷が言った言葉から。

・You were trying to drop it on the person below?
→ 下の人に落とそうとしたのか。

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

一緒に英文を読解しましょう。
英文は、絶対前から読解!

You were trying to ~
→ あなたは ~ することを試みた。

trying to drop it
→ 落とそうとした。

on the person below
→ 下にいる人に。

『ジェントルもあの子も決して諦めはしないのね。』ラブラバ

ラブラバが言った言葉から。

・Neither you nor that boy will give up, huh?
→ ジェントルもあの子も決して諦めはしないのね。

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

“Neither A nor B” を理解しよう。

「A でも Bでもない」
どちらも否定になります。

今回の場合は、
Neither you nor that boy
→ ジェントル(you) も あの子 (that boy) も

will give up
→ 諦める。
でも、neither you nor that boy will give up
→ どっちも諦めない。

お疲れ様でした。
今日の名言にいきましょう。

今日の名言。

切島が芦戸に言った言葉から。

好きだからこそ、ガチでやれるんだろうな。
She can be really serious about it because she love it, huh?
切島 鋭児郎

えりちゃんが言った言葉から。

私、ワクワクさんだよ。
I’m getting excited.
えり
タイトルとURLをコピーしました