【2021/12/20最新】検疫所が確保する宿泊施設での生活

Life

アメリカから日本に帰る際の
必要書類や時間がどれくらいかかったかなどは
こちらの記事をどうぞ。

テキサス州から帰省したので3日の隔離が必要

アメリカの中でも限られた州から来た方は
検疫所が確保する宿泊施設での3日間の生活が必須です。

この記事では
どんな生活をしているのかを赤裸々に話します。

まずはどんな流れでホテルの部屋に
入るのかを説明します。

検疫所が確保するホテルでの生活を紹介

ホテルでcheck in

まずは空港でもらった紙を見せろと言われ
それを確認した後に、
また「契約書」を書いたやつを渡しました。

契約書は空港でもらいました。
時間がある時に書いてくださいねぇ〜と
QRコードをかざすところでもらいました。

飛行機が着く予定だったのは3:00
でも飛ぶのが遅れたのもありますが
ついたのは4:30ごろでした。

そして、ホテルについたのは
9:00ごろでした。

ホテルの部屋に着く

ホテルについて、
部屋を準備してもらったら
夜ご飯のお弁当をもらってお部屋へ。

ここから3日間は出られません。

融通が効かない。。。

自分の家は今泊まってるホテルから
約10分で帰れるのに
もう一度不便な成田空港まで
絶対に帰らないと行けない。

空港まで行くと帰り道が1時間以上増える。。
そう連絡しても
「決まりごとなので」とゆわれてしまう。

このホテルから歩いて帰れる所に
住んでいてもダメなようです。

ホテルサービス

ホテルに入ると
小さいながら全てがある部屋に隔離された。
お風呂もあるし、
テレビもある。

机の上には水が2本。
ポットもあるし
お茶も置いてくれていました。

自分はアスリートということもあり、
弁当1つでは少し少ない感じがします。

デリバリーができる。
でも、荷物が届くのは翌日。。。
なので生物(寿司とか牛丼)とかはだめ。

ホテルご飯の紹介

ゴミの回収

ゴミの回収がとてもシュール。
人との接触を避けるために
外に出しておけばゴミを取っていってくれる。

ご飯もドアノブにかけてくれるよ。

ホテルの電話で物を頼んでみた

困ったときはここに電話をしてください
という紙に書いてある番号に
電話をして

達磨
達磨

お水と紙コップをください。

わかりました。持っていきます。

そこからくることはありませんでした。

まとめ

「隔離される」と聞くと
良いイメージはないですが
日本なのでしっかりしている。
不便はありません。

受け取るのが翌日になるので
生物はダメなのですが
弁当が少ないと感じる人は
カップ麺や水を注文すれば
問題ないと思います!

寝るだけですが、
時間を有意義に使えるように
新しいことを初めて見るのも良いかもです。

自分は少し麻雀の勉強始めました(笑)

タイトルとURLをコピーしました