【リゼロ2】『強欲の魔女、エキドナ 』 SFromA-02

Re:ゼロから始める異世界生活2

強欲の魔女、エキドナ
Witch of Greed, Echidna.

リゼロ (Re:zero)から英語を学べるのはSFromA だけ!

SfromA – Study From Anime の略です。
好きなアニメから勉強開始!!!

今回の記事はシーズン2です。
シーズン1からまだ勉強してない人、
この記事を初めて見つけてくれた人は
こちらからスタートしてね!

※リゼロ2はめちゃめちゃシーズン1と繋がってます。
シーズン1をまだみてない人は先に絶対見てね!!!

こんにちは、作者の達磨です。
アニメを楽しむ。
でも、それだけではもったいない。

SFromA を使って
アニメから英語の勉強をしよう!

Re:Zero から英語を学べるSFromA は
シーズン1から見てくださいね!!!

リゼロシーズン2:2のまとめ。

自分達の領土へと帰るスバル達。
しかし村には誰もいない。。
先に帰っているはずのラム達がいないのだ。

スバルとエミリアと寝ているレムは
ロズワールのマンションに帰る。
そこには新しい、いや元々働いていたメイド
「フレデリカ」がいた。

スバルはベアトリスに直接会って話したが
ロズワールが何かをしているってことだけがわかり、
ベアトリスは
「自分はスバルの都合の良い道具ではない」
と言ってスバルから距離をとった。。。

そしてフレデリカから領域の話を聞き、
オットー、スバル、エミリアは
ロズワールがいるであろう領域に向かって出発した。

フレデリカから渡されたネックレス。

フレデリカから言われた
「ガーフィールという者に気をつけろ」

迷いの森についたとき、
フレデリカから預かっていた
ネックレスが突如光だし、
エミリアは倒れた。
スバルも光の中に吸い込まれる感じになった。

リゼロシーズン2から英語の勉強開始!

『私も身勝手な理由で王政に参加してる自覚あるから。』エミリア

エミリアが言った言葉から。

・I realize that I’m participating in the royal selection for selfish reasons, too.
 → 私も身勝手な理由で王政に参加してる自覚あるから。

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

一緒に英文を読解しよう!
英文は前から読解していきます!
これは絶対!!!

I realize = 私は自覚がある。わかっている
that = that後には何に自覚があるのかの説明がきます。
I’m participating in the royal selection
= 王政に参加している。
for selfish reason, too = 身勝手な理由で。

『スバル様もちゃんと大人として扱ってください。』ペトラ

ペトラがスバルに言った言葉から。

・You need to treat me like an adult, too, Subaru-sama.
 → スバル様もちゃんと大人として扱ってください。

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

新しい単語を覚えよう!!
・need to = 〜する必要がある。
→ to の後は、原型動詞。

・treat (人) = (人)を扱う、(人)の相手をする。

・like = 好き。〜のような
 → ここでは「〜のような」

・adult = 大人。

『自分以外のハーフエルフにはあったことないの。』エミリア

エミリアが言った言葉から。

・I’ve never seen any half-elves other than myself.
 → 自分以外のハーフエルフにはあったことないの。

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

「会ったことがない」を英語で言うと “I’ve never seen”
これは決まり文句。I’ve never seen の後には
隠れthat があるので
that の後には普通の文を入れて
何をみたことないのかを説明しましょう。

今回のエミリアの話から行くと、、、
I’ve never seen =今までみたことない。
any half-elves other than myself
= 自分以外のハーフエルフ。

お疲れ様でした。
今日の名言にいきましょう。

今日の名言

スバルがペトラと約束したシーンから。

わかった。
Okay, got it.

ありがとなペトラ。
Thanks, Petra.

ちゃんと返すぜ。
I promise I’ll return it.
ナツキ スバル

リゼロの名言集『写真付き』

Re:ゼロから始める異世界生活の名言集はこちらから。

タイトルとURLをコピーしました