【東京喰種√A】アンテイクのメンバーから英語の勉強 SFromA-08

東京喰種√A

東京喰種の英語の名言集出ました。

大人気アニメから英語の勉強が出来る。

英語の勉強が続かない。
英語の授業についていけない。

やらないといけないと分かっているのに
行動できない、身につかない人は必見。

本気で将来使える英語の勉強が
できるのはこのSFromAだ。

こんにちは、作者の達磨です!
今回の記事は
東京喰種から英語が学べるのは
このSFromAだけ!

英語力を上げるには、
毎日コツコツするしかない。

学校で使う英語ももちろん紹介します。
でも、どちらかというと、
将来、海外で何の不自由なく使える英語、
外人に話しかけられても大丈夫なレベルまで
上げることができます。

好きなアニメから
好きな時に、
毎日コツコツできるように作ってます。

東京喰種のシーズン1は制作済みです。
こちらから始められます!

東京喰種√A CH8のまとめ。

アンテイクでの
店長と金木の会話が公開された。
「クゼン」という男の名前が出た。

クゼンはずっと一人で戦い続けていた。
自分が人間ではないという
悲しい現実も受け入れながら生きていた。

ある時、
ある男が声をかけ
クゼンはその組織の一員となったが、
クゼンの拠り所にはならなかった。

そんなクゼンは
毎日古いコーヒー屋さんで
同じ場所で同じコーヒーを飲んでいる時、
働いていた女の人が話しかけ、
徐々に距離が近づき、
不思議とその人にだけ
心を開くようになった。

ある日、組織での仕事である
殺しをしているところを
その女の人に目撃されてしまうが、

「ずっと、一人だったんだね」と
彼女はクゼンの全てを受け入れた。

二人の間には子供ができたが、
人間と喰種グールの間での子供は
奇跡がない限り生まれない。

彼女は奇跡を起こした。
しかし組織から追われることになったクゼンは
彼女を守りきれず、
子供を巻き込まぬように子供を置いて戦った。

クゼンは死ぬことはなく、
生きていたので
子供を置いた場所に戻るが
そこ子供の姿はなかった。

そして、、、生まれてしまった。
隻眼のフクロウ。

店長は言った。
「全てを憎む隻眼のフクロウとは、私の子供だ。」

そして遂に次回動きがありそうだ。
篠原さんがまたアンテイクにきて
店長とコーヒーを飲んだ。

その時にはすでに
アンテイクはCCGに包囲されていた。
店長はわかっていたのだ。

だからヨモさんに薫香ちゃんとヒナミを任せ、
長い付き合いがある
古間さんと入見さんを残して
アンテイクはグールの存在等全てを消した。

毎日コツコツ英語の勉強。

『なんか、喫茶店って人が自然に集まる感じがして。』霧島 薫香

薫香の将来の夢の話から。

・I like how coffee shops naturally gather people together.
→ なんか、喫茶店って人が自然に集まる感じがして。

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

一緒に英文読解をしていきましょう。

英文は、、、前から読解!
I like = 私は好きだ。
→ この後に続くのは何が好きなのかの説明かな〜

how coffee shops naturally gather people together.
→ コーヒー屋さんに自然に人が集まる感じが。

『豆によって向き合い方は変わるんです。』芳村さん

芳村さんと篠原さんの会話から。

・Your approach must vary, depending on the bean.
→ 豆によって向き合い方は変わるんです。

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

アメリカに上会話でめちゃめちゃ使う “depending on”
→ 意味は「〜次第。」

ここでは、
depending on the bean
→ 豆次第。

よく使うのは
depending on the situation.
→ 状況による。
(例) I will go to hiking depending on the situation.
→天気次第だけどハイキングに行くよ。

『俺たちが最後までついていきますから。』古間さん

古間さんが言った言葉から。

・We’ll stick with you to the very end.
→ 俺たちが最後までついていきますから。

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

「ひっつく」「くっつく」は英語で
“stick with ~~” を使うことが多い。

今回のように
stick with you だと
あなたにくっつく。って意味になります。

お疲れ様でした。
今日の名言にいきましょう。

今日の名言。

古間さんと入見さんが店長に言った言葉から。

俺たちが最後までついていきますから。
We’ll stick with you to the very end.
魔猿:古間
それじゃ、ご不満かしら?
Or would you prefer otherwise?
黒犬:入見カヤ

タイトルとURLをコピーしました