【炎炎ノ消防隊|05】アニメから英語の勉強『プリンセス火華』

炎炎の消防隊05炎炎ノ消防隊
達磨
達磨

継続に特化した英語学習
アニメから英語の勉強『SFromA

今回は、
炎炎の第05話からです!

アニメから英語の学べるSFromA
英語の勉強継続に特化しています。
本気で勉強するなら、『アルク』がおすすめ。

14日間、無料でできるので試してみるが良いですよ

炎炎を見たのが結構前だなぁ。。

SFromAでは英語の上達を目的としているので
アニメの描写を思い浮かべれると
英語でも楽しく
英語の勉強ができるっていう内容です。

なので、できることならアニメを見てすぐがいいです。

でも忘れちゃうって人もいるので
毎回どんな話だったかの
軽いまとめを書いているので
それを見て、思い出してね!

達磨
達磨

多くの人から、
最後の名言を見てから見ると
内容を思い出せて、
楽しく勉強できたよ〜と言う
声をいただいています。

アニメ見るならダントツで”Dアニメ”がおすすめ。
最新アニメも見れて、アニメ好きにはたまらない。

炎炎ノ消防隊|第05話のまとめ。

依然、
言葉の喋る焔ビトを
第五に引き渡した第八特殊部隊だが

それらの研究結果を
送られることはない。

第五内部では、
喋る焔ビトを改造していた。

プリンセス火華は昔は
シスターだったようで、
アイリスと知り合いのようだ。

アイリスは無理な
研究はしないようにと、
第五に行くが、
プリンセス火華はアイリスを
ひどく扱った。

第八では、
アイリスがいないこと、
泣いていたことから、
第五と何かあったと考え、

この機会に
何かを隠している第五に乗り込んだ。

炎炎ノ消防隊から英語の勉強開始!

『私は人の命を救いたいと思い、軍を抜け特殊消防隊に入隊しました。』

『私は人の命を救いたいと思い、軍を抜け特殊消防隊に入隊しました。』

火縄中隊長と茉希さんの会話から。

・I left the military and joined the Fire Force because I wanted to save lives.
 → 私は人の命を救いたいと思い、軍を抜け特殊消防隊に入隊しました。

達磨
達磨

少し長いですが、
英語に触れるのはちょうどいいので、
一緒に読解していきましょう!

達磨
達磨

どこで区切っているのか、
単語の確認してね!

I left = 去る、出る。
the military = 軍隊。
= 軍隊を出る。

and がある時はそこで区切る!

joined the Fire Force
→ 消防隊に入った。

because なぜなら、
→ ここでも区切る!

I wanted to save lives
→ 人の命を救いたい。

人の命を救いたいから消防隊に入った。

今回は、
一つ目が長いので
ここでやめておきましょう!

楽しく継続するのが目的ですよ〜!

では、今日の名言にいきましょう!

時間がないってことはありえないですが
やる気が出ないってことはありますよね!

そんな時には、
名言だけでも毎日見ておきましょう!

炎炎ノ消防隊|05|名言&名場面

『桜備大隊長、それはもう筋トレではなく、筋トレに近い何かです。』森羅 日下部

『桜備大隊長、それはもう筋トレではなく、筋トレに近い何かです。』森羅 日下部

桜備大隊長、それはもう筋トレではなく、
Captain Obi, that’s no longer physical training…

筋トレに近い何かです。
It’s something physical-training adjacent.
森羅 日下部

『左?なぜ右利きの俺が左手で持っているんだ?』アーサー・ボイル

『左?なぜ右利きの俺が左手で持っているんだ?』アーサー・ボイル

左?
My left?

なぜ右利きの俺が左手で持っているんだ?
Why, I’m right-handed, am I holding it in my left hand?
アーサー・ボイル

『紫電一閃』アーサー・ボイル

『紫電一閃』アーサー・ボイル

紫電一閃
しでんいっせん

Violet Flash
アーサー・ボイル