転スラから英語を学ぼう SEASON2 CH01

転生したらスライムだった件2
好きなアニメから英語を学ぼう。

転生したらスライムだった件から英語の勉強ができます。
こちらの記事は、シーズン2になってます。
まだ、シーズン1を見たことない人はこちらから。

英語上達には継続しかない。
アニメを1話見るたびに、
SfromA(study from anime)で英語の勉強開始です!!
楽しみながら勉強していきましょう!

こんにちは、作者の達磨です。
待ちに待った転すらシーズン2が来ました!!!

この記事を初めて見る人のために
「転生したらスライムだった件」を少し説明。

めちゃめちゃ仕事を頑張っていた
おじさんが後輩をかばう形で
事故で死んでしまう。

そして転生する。
その転生された姿はまさかのスライム。
でも、なんでも吸収できて
吸収した物の力を分析したり力を使ったりできる。
一言で言えば「最強」だ。

今回はシーズン2。
シーズン1を見ていないとわからない事が多い。
まだ見たことがない人はシーズン1CH01から勉強スタート。

今から、少しシーズン2、CH01の説明をします。
どんな話だったかを思い出せれば、
そのシーンが英語になってもシーンが浮かぶ!!!
これが楽しく英語の勉強ができる仕組みです。

転スラ2:CH01

ネタバレ。

教師の仕事がひと段落したので、
リムル(主人公:スライム)は魔物の街、テンペストへと戻った。

そして、
ユーラザニア(カリオン:ビーストマスターがいる国)との国交をすることを決意する。
そこへ向かうのは紅丸(鬼人)だ。
戦うのが目的ではなく、
うまく付き合っていけるのかを確認しに行った。

テンペストはユーラザニアから来る人たちを
迎え入れる準備をしている。
そこで、リムルは新たな酒」を作った。
その名も「りんごのブランデ」

そして、ユーラザニアからの使節団がきた。
向こうはとても挑発的。
そして手合わせが始まった。

ソフィアvs紫苑。
ヨウムvsグルーシス

まだ、戦いは始まったばかり。
次回ch02が楽しみだ。

これぐらいで思い出しましたか?
では、今日の英語の勉強開始です!

1つ目!

出発式に向けて、リムルが着る服選びの時に言った言葉から。

・I think something more somber and respectful would be more appropriate.
 → 今日はもっときちんとかしこまった衣装の方がいいんじゃないかなぁ。

達磨
達磨

まずは、単語の確認から。
・somber = 薄暗い、黒っぽい感じ
・respectful = 敬意を表す
・appropriate = 適切な

どこまでが主語???
まずは、I think で一度文が切れます。
そして、
Something more somber and respectful までが主語。
動詞は、would be

2つ目!!

ブランデーを作った理由。

・I made it as a special treat since we have guests visiting.
 → 客が来るからな、特別に作ってみたんだ。

達磨
達磨

ここ注目 “made”
この単語のすぐ後にくる単語を説明する。
ここでは、made it
→ it はブランデーを指してます。

made me ~~ = 私を〜〜にした。

since = because (だから)

sinceは他にも「〜から」って意味もあるよ。

3つ目!!!

リムルがヨウム(オークロードを倒した英雄として名を広げる活動中)に言った言葉。

・By the way, Hakurou was hoping to see you.
 → そういや、白老が会いたがってたぞ。

達磨
達磨

そのまま覚えたい単語。

By the way, = ところで、

コンマを忘れちゃダメだよ。

お疲れさまでした。
今日の名言にいきましょう!!

今日の名言

紫苑(鬼人)がユーラザニアの使節団と戦うことになって言った言葉から。

なめるなよ。獣士。
 Don’t underestimate me, Lycanthrope.
 
 天を裂き、地を砕く鬼人の力
 The power of a Kijin can rend the heavens and shatter the earth!

 今こそみせてやる。
 I’ll show you that right now! 
 紫苑
タイトルとURLをコピーしました