物語 第23話 すんごい雨が降る

ツーソン順応編
達磨の冒険 順応編

達磨が歩んできたアメリカでの生活、経験を元に
達磨のステータスが上がっていくのを
ゲームのRPG風にお楽しみください。

こちらはツーソン順応編です。
まだ前回の「始まりの書」を見てない方は
そちらから読んでいただけるとより楽しめます。

ツーソン順応編|23

新しいルームメイトを迎えて数日間、
鬼走練をしていた達磨。

そんな憂鬱で仕方のない日々を過ごしていたら、
家につくと倒れるようにベッドに着く。

ご飯は練習後、そのまま外で食べることが多い。

それに、宿題は基本的に
授業後にすぐに終わらせるか、
土日まで引き伸ばす笑。

だから、家に着いたら寝るだけだ。

そんなある日、多くの選手が疲労と熱中症で倒れた。

さすがに、日差しが刺さるような日中に
走練をしていたのは今思えばおかしい。

達磨
達磨

アリゾナの日差しは、部屋で寝ている時に日差しが足に当たったら、

当たった。とわかるし、起きてしまう。

今日は晴天。

しかも午前だけの練習で宿題もない。
家についたら即お昼寝よ。

ウトウトしだした頃、
外からドーーーーーー!!!!

達磨は結構深い眠りの昼寝をいつもするのだが、、
音は外からだ。

奥に見える横向きに止まってる車は、雨が上がるのを待っています。

そして、15分後。。

何もなかったかのような晴天に戻った。

このような天気が1週間も続いた。

バーと雨が降って、サッといなくなる。砂漠地帯って面白い。。

達磨のステータス

  • 英語 ー 21 (new words = monsoon すんごい雨のこと)
  • サッカー ー 27

達磨は改めて、自分が日本にはいないことを実感した。。
何もかも、スケールが違うなぁ〜

タイトルとURLをコピーしました