【アニメ平家物語】『だから私は許して、許して、許すの。』英語を学ぼう。SFromA-05

平家物語

英語でなんていうの??
だから私は許して、許して、許すの。
So I’ll forgive, and forgive, and forgive. 
by 徳子

アニメ平家物語から英語の勉強。

あの有名な「平家物語」がアニメ化されました。

アニメ平家物語を一話一話、
どんな話だったかの説明、
英語でなんて言うのかの
情報を公開中です!

この記事だけ読んでも、
平家物語から英語の勉強ができます!

こんにちは、作者の達磨です。
今回のSFromAは、「アニメ平家物語」です!

まだ見たことない人は、
どちらかの見放題サービスに登録後、
ご視聴してください!

見てない人も、
この記事は楽しめるように作ってますが、
見てからこの記事を見た方が
楽しめるのは間違いありません!

おすすめ見放題サービスはU-Next.

U-NEXT
U-NEXT

リンクに行ったら
まずは31日間、無料トライアルって
書いてあるところから登録できます。

そして、検索のところで
「平家物語」って検索したら
出てくるよ〜!

【本当におすすめ】
手が止まらない。。。
一回試してみて!!

アニメ平家物語「第五話」

前回の話を忘れた人は
ちょちょっと前の記事見て
思い出して!

第四話のまとめはこちらから。

重盛が亡くなり、
重盛の弟:宗盛が平家の頭領となった。

後白河法皇は平家の勢力を削ごうと動き始める。
これに反発した清盛は
幼い徳子の子、安徳を
天皇へと即位させるために
三種の神器を受け継ぎ
後白河法皇は違う場所へと左遷した。
安徳天皇はまだ子供だ。

平家が力を増していくのに対抗して
源氏が力を合わせて動き出すが、
平家の武力の前では
手も足も出なかった。

橋の上での戦では、
初めて重盛の子、維盛が戦にでた。

維盛は
いつもびわを妹のように
優しく接していた長男だ。

彼の初めての戦では、
長い戦いを早く終わらせるため、
夜になって相打ち等を減らすために
平等院を燃やし、戦いは終わった。

維盛は自らいくつもの
命を奪ったことに悔やんだ。

徳子と子供を作った上皇様は
徳子の元ではなく違う女の人の家で
子供を二人をほど作った。

徳子はそれに怒るのではなく、
「許す」という道を選ぶ。

これが一番、争いを生まないからだと言った。

平家物語から英語の勉強を開始する。

『体だって大きくなんないし。』平 資盛

資盛がびわに対して言った言葉から。

・I mean, you never get any bigger.
→ 体だって大きくなんないし。

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

会話でよく使われる “I mean” って何?

まず、この “I mean” は会話でしか使いません
→ 喋り言葉なので、文で書いても通じますが
あまり適切な言葉ではない。

“I mean” は 「えっと、それは、」
「俺が(私が)言った意味は、」

『許さんぞ、清盛。』後白河天皇

後白河天皇が清盛に対して言った言葉から。

・I’ll never forgive this, Kiyomori!
→ 許さんぞ、清盛。

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

“I will never” は、「今後二度とない」
今回は、forgive があるので、
“forgive” = 許す
なので、I will never forgive
→ 二度と許さない。

『止むを得なかったのですよね?』平 維盛

維盛が平等院を燃やした作戦に対して疑問を持った。

・We had no other choice, right? 
→ 止むを得なかったのですよね?

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

そのまま覚えて使いたい。
no other choice.
→ これ以外選択肢がない。

お疲れ様でした。
今日の名言にいきましょう。

今日の名言。

徳子の「許す」ということ。

許すだなんて偉そうね。
Maybe that sounds presumptuous.

でも、どちらかがそう思わねば、
But… someone has to forgive,

憎しみ、争うしかない。
Or there will be only hatred and conflict.

でも、私は世界が苦しいだけじゃないって思いたい。
But I’d like to think the the world isn’t all pain and suffering. 

だから私は許して、許して、許すの。
So I’ll forgive, and forgive, and forgive. 
徳子
タイトルとURLをコピーしました