物語 家族 in Tucson編(3) 姉、カナダから参上

家族in Tucson編
達磨の冒険 家族 in Tucson編とは?

主人公達磨が、アメリカ、アリゾナ州にあるTucson(ツーソン)に
英語力0でサッカー留学。そのすべてを1から紹介中。

この、家族 in Tucson編は短編になっています。

父、母目線のTucson。姉目線のTucson。
みんな違った印象があったようなので、作成しました。

1から見ると達磨のステータスが上がっていくのがわかる!
達磨の冒険、家族 in Tucson編は短編です。
シーズン1、(達磨の冒険、始まりの書)
シーズン2、(達磨の冒険、順応編)
シーズン3、(達磨の冒険、進化編)
シーズン4、(達磨の冒険、導きの書)

両親が日帰りセドナtripを終えてホテルで1泊。。

そして、姉がカナダからTucsonに来る日がきた。
達磨はこの日も学校だ。

Tucsonの空港は端から端まで歩いて行ける距離ぐらい小さい。
arriveとdepartureとは1階か2階かの差。

そして、姉を乗せた飛行機が到着。
カナダに短期留学中だった姉は、
国内線に乗ってきた。
カナダとアメリカの行き来は国内線でできるらしい。

姉

あっつ。でも、カラッとしてるわ〜。

姉のツーソンに対する第一印象は良かったそうです。

が、

姉は少し空港で待たなくては行けなかった。両親が車でお迎えに向かっている
途中だからです。

そこで、問題が起きた。

なーんにもないんですよ。
空港に。

小さい物(お土産)、チョコレート、パン。これぐらいしかない。
それに、姉が着いた時刻3時ごろ。

その唯一のお店ですら、店を閉じようとしている。

姉は、ちょこっとお菓子を買って、椅子に座って待っていた。

姉

もう少しで、達磨に買ってきたカナダのお土産を開けるところだった〜。
めちゃめちゃ美味しいクッキーがカバンから呼んでいた。。。

ついに、達磨の住むアパートメントに。。。

姉を空港でpick up した父と母。
二人が姉と会うのは3ヶ月ぶりだ。

達磨は、ほぼ毎朝、Skypeで電話していたのでそこまで
久しぶりやなぁーとはならないと思っていた。

姉は、ほとんど電話しない。とてもきれいな写真が
家族ラインに送られてくるだけ。

3人の車での会話は姉の留学先についての話題だ。

父

どうなん?カナダ。
住みやすいやろ?

姉

学校とホームステイ先の行き来だけよ。
休みは車でモールとか行ったけど。

母

ご飯は〜?

姉

朝ご飯とかは最悪。。シリアルとパンが机に置いてあるだけ。。

弁当とかもないんだ。だから、食べるものが偏ってきた。

作ればいいやん。

姉

キッチン使っていいのかわからへん。。

姉も色々苦労しているらしい。英語を話せる姉ですらこれだよ。
達磨結構頑張ってるんじゃない!?

そして、夕方5時ごろ。
3人は達磨の住むアパートメントの入り口についた。

アパートに入るにはゲートキーが必要だ。
達磨は連絡を待っている。鍵を開けに入り口まで行かないと行けないから。

父

着いたよ。どこ行けばいい??

達磨
達磨

入り口行くわ!

もう、中おるで。アパートの場所がわからん。
あっ、知ってる車あったわ。
あっ、達磨見つけた!

開けに行こうと玄関を出ると、見事に前を通った。。。
20以上のアパートがあるにもかかわらず、、すごい偶然。

タイトルとURLをコピーしました