アメリカの大学に行く価値が日本の大学に行く100倍あった

留学情報所

アメリカの大学に行く方法

アメリカの大学に行くって、、、
どうやって??

達磨
達磨

アメリカの大学に行く方法はいくつかあります。
1、留学生をアメリカの大学に送る会社があります。
2、交換留学
3、スポーツでアメリカの大学に行くことができます。

達磨
達磨

もう少し詳しく説明していきますね。

留学生をアメリカの大学に送る会社「エージェント」を使う

エージェントを使って
アメリカの大学に行くことは可能です。

この方法は「お金」がとてもかかります。
でも、安心がついてきますね。

よくあるエージェントでは
新しい挑戦者が出ると、
一度誰かが行った場所などに
送るところもあります。

その理由として、
知っているところに送るのは
リスクがないからです。

前に行った人と同じ道を歩むほど楽な道はないからですね。

エージェントに頼んでアメリカの大学に行くのは
当たり前だが、「お金」がかかる。
その代わり、「安心」を提供してくれる。

交換留学でアメリカの大学に行く

こちらは多くの人がアメリカの大学に行く方法だと思います。

はっきり言っておきます、
交換留学だけでは意味がないです。

達磨
達磨

アメリカの大学に行く理由をしっかりと持ちましょう。
「英語を理解したい」
これだけなら、交換留学はとても有効的です。

でも、「英語を話したい」「英語を実践で使いたい」には
期間が短い、日本人仲間がいるから上達しないこともあり得る。

期間が短くてもアメリカの大学の雰囲気を知れる。
でも、自分次第で台無しにする事が容易だ。

スポーツを通してアメリカの大学に行く

この方法でもエイジェントを使う場合、使わない場合があります。
エイジェントを使う場合はもちろんお金がかかりますが
最初は使うべきです。

なぜなら、効率よくviewを集めれられるからです。

達磨
達磨

例えば、サッカーをしているとします。
その人は自分の良いプレーだけを集めた
「プロモーションビデオ」を作ります。

そのビデオをアメリカの大学の監督が見て
気にいってくれたらその大学に行ける可能性が出てきます。

プロモーションビデオで自分をアメリカの大学に売り込む!
多くのスポーツで日本人は重宝されます。

アメリカの大学に行くメリットって何??

日本の大学とアメリカの大学では
大きな違いがあります。

達磨
達磨

アメリカの大学では、
「自分の価値を創り出す所。」

日本の大学は
「自分にブランドを付ける所。」
って感じでしょうか。

何ゆーてますの??

アメリカの大学では自分自身に価値を創る

アメリカの大学はお金を払えば誰でも受けられる。
でも、クラスをパス出来ないと
卒業は出来ない。(日本もそうですね。)

でも大きく違うところは
卒業後のところです。

アメリカでの就職では
卒業後すぐにある程度の仕事を任せられます。

日本の大学は入ることが難しくて
卒業したら名前のある会社に
入れる保証付き。

日本の大学を卒業して
会社が決まれば新人として
一年ぐらいかけて
その会社で使える人材へと
「育て」の時期があります。

日本人の考え方として、
「大学と会社は別。」ってところがありますが
アメリカでは
「大学で学んだことを応用してやってくれ。」

アメリカの大学は誰でも受けられるが、クラスをパスするのが難しい。
卒業後、すぐに使える人材でないと
アメリカの会社は取らない、入れない。

日本の大学よりも安く卒業できる可能性が高い

アメリカでは「若い良い人材に投資する
動きが非常に高いです。
その投資は学校にされて、
それらの投資は「奨学金」として
生徒の手元にきます。

達磨
達磨

奨学金とは?
簡単に言ってしまえば、
「返さないでいいお金」
国から、学校から出ることがあります。

スポーツでアメリカの大学に行くことができれば
奨学金をもらえるケースが多いです!!



アメリカの大学では知っていないと
損することがたくさんあります。


奨学金は自分での申請が
必要なことがほとんどです。

ちなみに、
日本にアメリカの大学に行ってますって
言うだけでお金がもらえることもあります。

アメリカでは奨学金制度が豊富。
親の所得等関係なしにもらえる奨学金は
ただし、知らないと貰えない。

英語という武器が手に入る

世界共通語とも言われる「英語」が
喋れる、理解できるって人はたくさんいるが
ビジネス等で使いこなせる人はまだまだ少ない。

英語が喋れない状態で
英語の授業を受けるのは辛く
全てを英語でするのは骨身に染みます。

ここで一つ。
アメリカに行っても英語が身につかない
事例を紹介します。

達磨
達磨
  • 日本人と同じ大学に行ってしまう。
    → 日本語を話してしまう。
  • 期間が短い。
    → 交換留学によくある事例。
    誰でもすぐに英語ペラペラなれるなら
    みんな交換留学するよね。

進路で迷ったらアメリカの大学!

どんなに自分の出た大学がすごくても
自分自身に価値がないと意味がない。

日本の大学を出た人は
皆が同じ価値と判断されるため、
会社での一年目は成長、
いわゆる価値を生み出す期間が必要なんですね。

では、なんで大学に行くの??

根本的に日本の大学制度は何かおかしい。
やっている人はどこでもやる。
でも、アメリカの大学はその価値創りを
強制的にしてくれる。

将来何をしたいのかまだ決めてない。
とりあえず、大学行こかなぁって人。
アメリカの大学、おすすめです。

タイトルとURLをコピーしました