アメリカで車を買う

Life

アメリカは車大国。車がないと不便すぎます。学校に行くのも、買い物行くのも車は必須。免許を取れたら次にしないといけないのが車🚙選び。

まー

車関係で1番時間かけたなー。

故障した車買わされたり、買ってすぐ故障したら嫌やからな(笑)

最初にしないといけないことは、どんな車に乗りたいか。小さい車とかSUVとかトラックとか、、大まかな車種を決めたら払えるお金の設定。なんで最初に車種を決めるかというと、アメリカでは中古車を扱うお店がたくさんあります。Toyota とか Honda とかの車屋さんでも色々な車種の中古車を売ってます。見てから選んでいくときりがない。。。

中古車を買うにあたって、checkしないといけないとこは

  • mile → どれだけ走っているか(日本では廃車になるmileの車も普通にあります)
  • エンジン → 走ってみて、ギアが変わる時に車に変な揺れがないか
まー

車に日本でも乗ったことなかったから、車に詳しい人に運転してもらって確認したよ。

買う車を決めたら支払いをする。大きなお金を支払うとき、checkがとても便利。Checkは金額を書いてsignしたら後日、自分の口座からお金が落ちる。

まー

今乗ってる車Lexsus SUV 300, mileは10万(16万Km)越え。それでも、前乗っていた人は綺麗に乗っていて、エンジンも新しいのに変えていてくれた。

車を買うことは安い買い物ではありません。探せば探すほど安い車はいくらでもあります。安いから危ないとかはありません。でも、車で起こる事故は死に直結すことがあります。だからこそ、車について詳しい友達などに話を聞いてみたり、試しに乗ってもらったりして自分の命は自分で守りましょう。

タイトルとURLをコピーしました