DR. STONEから英語を学ぶ CH19 (SFromA)

DR.Stone
アニメから英語を学ぶことをお勧めします。

アニメから英語を学べ。
英語は簡単には身につかない。継続させるしかない。

人間は嫌なことは続けてできない。出来たとしても人間は忘れる。
何度も何度もやる事によって身についていく。

アニメを見ると、面白くないアニメ以外は最後まで見てしまう。
毎週TVの前、携帯を持って好きなアニメを見てないですか?
そういうあなたにはSFromAがお勧めです。
試してみよう。

今回のSFromAはDR.Stoneから英語を学べます。
唆るぜぇ。。(そそる)

こんにちは、達磨です!
アニメから英語を学べる、SFromAへようこそ!

この記事は、ドクターストーン、シーズン1のCH19から
英語を学べます。

CH1はこちらから。

SFromAは英語を勉強しながら、
アニメの情景が浮かび上がる。
言ってしまえば、、英語の勉強をしている感じがほとんどない。
だから継続できる。

アニメの情景を浮かび上げるために、
毎回、アニメの少しネタバレを含みます。

ドクターストーン:CH19
ネタバレ。

今回は、司帝国No.2の「氷河の誕生 in stone world」が前半。
さらに、その氷河唯一信頼を置いている人物「紅葉ほむら」が登場。

彼女は、石神村の家に火を放った。
それによって全住民が千空のいる科学王国に一時非難。

そこでスイカが大活躍。
スイカがおとりとなって、敵を村から遠ざけた。
その場所は、あの硫酸をとった、
危険度Maxのあの泉だ。

千空とコハクがガスマスクを持って
追いかけたのでスイカは無事助かった。
そして、彼らに
千空が「ガスを扱う」と思い込ますことに成功した!


後半は、その司帝国を倒すために必要な物を発表した。
それは「通信技術」だ。
どこに敵がいるのか、どこが手薄なのか。
タイムラグが少なければ、少ないほど大きなアドバンテージになる。

果てしないロードマップ。
でも、たどっていけば、なんとかなるらしい。

これぐらいで思い出しましたか?
では、英語の勉強を開始しましょう!

「案内するよ、俺たちの新世界を。」

氷河を目覚めさせた時に司が言った言葉。

・Let me show you around our new world.
 → 案内するよ、俺たちの新世界を。

達磨
達磨

何度も言ってきた単語、”let”をもう一度紹介。

Let me show you ~~ =〜を紹介する。

Let me =〜させて。

「一度甘い汁を吸った人間は、決してそれを放棄しない。」

氷河が言った昔(今現在)の状況。

・No one who has sampled that sweet nectar could ever abandon it.
 → 一度甘い汁を吸った人間は、決してそれを放棄しない。

達磨
達磨

文中にある”who”はその直前にあるno one (誰も)を指しています。

no one (誰も)
who (↑)どんな人?
has sampled (試したことがある、)

文中にある”that”これもwhoと似ている。これも直前にあるsampled を指しています。

has sampled (試したことがある)
that (何?)
sweet necatar = 甘い蜜。

abandon = 放棄する。見捨てる。

「ありえなかねーよ。」

千空が言ったロードマップについて。

・Nothing implausible about it.
 → ありえなかねーよ。

達磨
達磨

覚えておきたいone point!

多くの単語を覚えるにあたって、、
implausible = 信じたがたい。(否定)
この単語、、、
plausible = もっともらしい。口先のうまい

im~~~ = 否定系の単語の意味になる。

ex)
possible = 可能性。
impossible = 不可能。

お疲れ様です!
では、今日の名言にいきましょう。

今日の名言

司帝国にいる女。
ちょっと考えさせられる言葉。

毎日死ぬ思いで働いて
 I worked myself ragged day in and day out,
 
家賃やなんだで半分以上取られるとか。
 then had to give up more than half of it for rent and whatnot.
 
ほぼ奴隷じゃん。
 That’s more or less slavery,
 
今にして思えば。
 looking back on it now.

2つ目。
千空が言った長いロードマップについて。

ありえなかねーよ。
 Nothing implausible about it.
 
どんだけ遠くに見えようがな、
 No matter how far off the goal may seem,

 ルールを手繰れば
 if you stick to the rules, 

 100億%ゴールに着く。
 you’ll get there ten billion percent of the time.

 それが科学だ。
 That’s how science works.
 千空
タイトルとURLをコピーしました