物語  第55話 大きな決断

達磨の成長物語
達磨の冒険 飛翔編とは?

高校卒業後、英語力0の主人公達磨(作者)がアメリカ、アリゾナ州にサッカー留学&大学生に。

飛翔編、時は、達磨がアリゾナ州に着いてから約5ヶ月が経とうとしている。(10月)

今、一番の苦は移動手段が自転車ということ。買い物ですらろくに出来ない。

周りの人に助けられ?いや、いいように使って、生活している。英語はいまだに話せない。
話せる気がしない。聞き取れない。まだまだ、成長できると自覚している。

達磨の成長をどうか見届けてほしい。そして、この章で、大きな飛躍をする。
飛翔編は達磨の冒険、シーズン5になります。最初から見ていたでけるとより楽しめます!
シーズン1、(達磨の冒険、始まりの書)
シーズン2、(達磨の冒険、順応編)
シーズン3、(達磨の冒険、進化編)
シーズン4、(達磨の冒険、導きの書)

Thanksgiving day はJamesと過ごした。そして月は12月になった。
もし、日本に帰るならすぐにでも飛行機の券を買わないと高くて手が出せない。
しかし達磨にはやるべきこと、やりたいことがある。

  1. 車の免許取得。
  2. プロのトライアウト。

この二つは留学して一番初めの年にやりたいこと、すべきことだと思っていた。
それが、学校のクラスやサッカー、生きることに必死すぎてそんな時間はなかった。

そしてついに来た冬休み。日本に変えることよりもやるべきことがあると思った。
もっと言えば、今日本に帰っても英語は話せないし聞けない。
自慢できる事はない。帰る意味がないと思った。
何かやり遂げないと合わせる顔がない。

達磨
達磨

まだ半年だ。ここまで長かった。
めちゃめちゃ勉強したし、サッカーもした。
それでも、まだやるべきことがある。頑張るよ!

ここに決断。

今年は日本に帰らない。

という事をマミさんに報告したら。。。

マミさんは、大学のクラスで同じになった人。
マミさんの旦那はアメリカの空軍の人、だから大きな大きな家がツーソンにあります。

そのマミさんが達磨に言った。

マミさん
マミさん

私は今年日本に帰るんよ。
できるんやったら、家任せていい?

達磨
達磨

僕、車ないから行けないですよ?
いつ、帰るんですか?

マミさん
マミさん

12/27。クリスマスの後だよ〜。
あっ、ついでに空港まで送って。よろしく。

達磨
達磨

はい、それまでに免許取ってみせます。
なので、DMV(免許を取ることができる場所)まで送ってくださいな。。
お願いします。。。

こんな感じに決まった。。笑

プロのトライアウトってどやって受けるん?

とりあえずここの問題があるよね。。
違う州に行くのは飛行機を使わないといけない。
それにアメリカのプロサッカーなんて、今まで一度も気にかけたことがない。
だから、全く情報がない。

そして、達磨は元エイジェントに聞いてみることにした。
ここしか、今はアメリカの情報を入手できる手段がないと思っていたからだ。

どうやら、元エイジェントは何人か日本人をアメリカのトライアウトに連れていく予定があったそうだ。
運よく、それについて行くことができそうだ。

一つ目のチームは
場所:Richmond、 チーム名:Richmond なんちゃら。

二つ目は、プロチームではないがPDLっていう夏だけ大学生が集まって試合をするチーム。
場所:Memphis、チーム名:Memphis City FC.

エイジェント
エイジェント

達磨は、大学の卒業をしたいならプロチームにサインしたらダメだよ。
大学サッカーできなくなるから。
2日目に行く、memphisのチームは達磨用。
2人連れていくけど二人ともプロになりたいから行く。

達磨
達磨

わかりました。
どれくらいのレベルなのか、ましてや夏のチームのトライアウトもできるなら是非お願いします。
いい機会になりそうです。

達磨のステータス

・英語 ー 70 → 70
・サッカー ー 66 → 66
※今回は紹介なのでステータスには変化なし。

次回、アメリカのプロのトライアウト

の実態を紹介します。

タイトルとURLをコピーしました