【アメリカ留学】アメリカにサッカー留学する時の大学の選び方

SOCCER

サッカー留学するときに注意すること。

アメリカの短大でサッカーをすることはそこまで難しくない。
ただ、アメリカで文武両道するのが難しい。

アメリカの短大は探せば、
簡単に入れるところはたくさんあると思う。

だから、自分はこれだけは捨てられない。
ということを選んで絞り込んでいきました。

実際に自分がしたこと。

達磨
達磨

恥ずかしながら、作者の達磨は
高校は強豪校で、全国ベスト8、
試合にも先発で出ていました。


まず、サッカーが強いところ。

次に、日本人が少ないところ。
→ 英語の勉強をしたいなら必須。

最後に、治安が悪くないところ
→命は大事。

候補先が絞れたら、
本格的に大学を決めていきます。

ここからは、
自分がしなかったから苦労したところです。
今からアメリカにチャレンジしたい人は、
是非ともしてください。
あとで、苦労しなくて済みます。

アメリカの大学へスポーツ留学するときにこれだけは知っておいて!!

まずは、大学の基準です。

簡単に入れる短大は、
それだけ下からのESLクラスがあるということ。

ESLのことを知らないと、
後でめちゃめちゃ苦労します。

達磨
達磨

実際に、自分が言った大学は
ESL卒業するまでに一年半かかりました。

それがそう影響するのかはこちらから。

サッカーをするためにはEligibilityがいります。
短大の時はESLの単位で
サッカーができますが、
将来的に編入を考えるなら
早くESLを出たいわけです。

僕の友達が行っていた短大は
ESLを取りながら他の単位も取れたり、
とても少ない数でESLを出れたりします。

→ここらへんのことは大学によって違うので、
候補先を絞ってから調べるのをおすすめします。

大学を決める。
以外と簡単にできます。
でも、知らないと苦労することはたくさんあります。

このブログでは、
自分が苦労したこと

教えてもらってないわってことを
めちゃ書きます。

達磨
達磨

留学生を商品のように扱うエージェント等は
こういう情報ですらお金をとってくるので
気をつけてくださいね。


1つのエイジェントからの
情報だけを聞いて行動をしないこと。

特に、大きな出来事
(大学決め、majorの選択、クラスをとる時等)。
詳しい人に一度聞いてみましょう。

たかが短大でも、
編入を考えている人は
このクラスはtransferできるけど、
これはできない。。。みたいな
最悪を少なくしていきましょう!!

今は、すぐに調べることができます。
積極的に情報を集めることをお勧めします。

長期留学者が教える。『判断は慎重にしろ。』

この世の中は、
お金のためならなんでもする人がいます。

エージェントも人間です。
口先では良いように言います。

当たり前です。
それが仕事だからです。

でも、先輩後輩などどと
良い感じにまとめられても、

自分のことしか考えてない人にはついていかない。
色々な人から情報を得て判断してください。


今は、多くの情報がネットに上がっています。
この達磨の冒険でも、詳しく、
スポーツ留学をアメリカでしたい、する予定、している人に
価値ある情報を発信していきます。

達磨
達磨

留学サイト等では
お金を払わないと見れない情報を
この『達磨の冒険』では
どんどん自分の経験も含めて発信していきます。

とりあえず、調べる癖を身につけましょう!

タイトルとURLをコピーしました