進撃の巨人から英語を学ぼう。 Final Season CH13

進撃の巨人4 Final season
心臓を捧げよ。

遂にFinal SeasonのSFromAが完成しました!
今回のFinal Seasonは前回のシーズン3後期を見てからでないと
理解するのが難しいと思います。

SFromA (Study From Anime)では、どんな話だったのかの説明文があります。
どんな話だったかを思い出してやると
本当に楽しく英語の勉強ができます!!

こんにちは、作者の達磨です!
こちらの記事は、Final Season (シーズン4)となってます。

シーズン1はこちらから。
シーズン2はこちらから。
シーズン3はこちらから。
シーズン3後期はこちらから。

アニメから英語を学べば、
状況と誰が言ったかで結構覚えられる。
基礎の英語から、単語、文法にいたまで
幅広く英語に触れる機会を提供しています。

楽しみながら、毎日英語に触れていきましょう!

進撃の巨人 Final Season CH13 どんな話??

ファルコとガビを含む孤児の子供達と二人を助けたカヤ、
その孤児を世話している親的存在の2人がマーレの料理を食べにきた。

ここで思い出して欲しいのが、
マーレの料理人、ニコロが
サシャのお墓参りで
サシャの両親にご飯を食べにきてくれと言っていたこと。

そう、このガビとファルコを世話していたのはサシャの両親だ。

ファルコとガビはニコロが一人になった時に接触を図った。

ガビは
「私は兵士候補生です。飛行船に乗り込んでここまで来ました」

すると、ニコロは聞いた。
「誰かを殺したか?」

ガビは
「はい!成敗してやりました。まだまだこれだけでは足りません。。。。」

それに対してニコロは怒りを抑えきれずに
ワインのボトルで殴りかかろうとした。
それをファルコは庇って頭から血を流して倒れた。

飛行船で殺されたのはサシャだ。

その頃、調査兵団はイェレナが意地でも
ニコロのレストランを守っていたことから
何かあると思って来ていた。
そして、ハンジさん達はニコロから衝撃的な話を聞かされた。

「そのワインには多分ジークの脊髄液が入っている」

「イェレナにこのワインを憲兵のお偉いさんに飲ませろと言われた」

最後に、
手にすでに傷をつけているエレンがミカサとアルミンと接触した。

英語でなんていうのかわかりますか?

『こんなとこ初めてだ。』孤児の男の子

マーレの料理店に来て言った言葉。

・I’ve never seen anything like it!
 → こんなとこ初めてだ。

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

I’ve never seen ~ = 〜を見たことがない。
I’ve never は使い勝手がとてもいい。

例えば、
I’ve never been~~ = ~に行ったことがない。
I’ve never heard = 聞いたことがない。

『俺も~。』一つ上の男の子に対する返答。

こんなとこ初めだ。に対して言った言葉です。。

・Me, either.
 → 俺も~。

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

Me too と me either を使いこなせ!

どっちも意味は、「私も」「僕も」ですが、
否定的な意味で「私もない」という時は、me either になります。

この文では、来たことがない。me either.
来たことある、に対して自分も来たことがあった場合、me too になります。

『何人だとかどうとか関係ねぇだろ酒に。』ジャン

ニコロがあるお酒をジャンに強く飲むなと言ったことに対してジャンが言った言葉。

・The booze doesn’t give a damn what race we are!
 → 何人だとかどうとか関係ねぇだろ酒に。

Created By ondoku3.com
達磨
達磨

まずは、色々な言い方があるお酒に関する単語。
・alcohol = お酒全般。科学で使われるのはこれ。
・liquor = お酒。特にウィスキーとか強めのイメージ。ガソリンスタンドとかでお酒が売ってますよ〜って書いてある時は、liquor が多い。
・booze = 混ぜたお酒って感じ。カクテル的なやつ。

知っておくべき英単語。
・race = 人種。

お疲れ様です。
今日の名言にいきましょう!

今日の名言。

ニコロがガビに言った言葉。

俺にも大事な人がいた。
I cared about someone, too.

エルディア人だ。悪魔の末裔まつえだ。
An Eldian! Spawn of the devil!


だが彼女は誰よりも俺の料理を美味そうに食った。
One who loved my cooking more than anyone!

このくそみてぇな戦争から俺を救ってくれたんだ。
She saved me from this shitty-ass war!

人を喜ばせる料理を作るのが本当の俺なんだと教えてくれた。
She taught me that I like making people happy with food!

それがサシャブラウス。
Her name was Sasha Braus!

お前に奪われた彼女の名前だ!
She’s the girl you stole from me!
ニコロ
タイトルとURLをコピーしました