怪物事変から英語を学ぶ CH11 (SFromA)

怪物事変
怪物事変から英語学べます。

怪物事変から英語を学べます。
アニメから英語を学べば、知らない間に継続ができてしまう。

今回のSFromA(Study from Anime)は「怪物事変」
→ こちらに、怪物事変の説明書いてます!

こちらの記事は、怪物事変を1話見終えるたびに
さっき日本語で見ていたアニメが英語でも
アニメの情景が思い出せる仕組みとなってます。

英語の勉強は継続あるのみ。
この記事を見つけれたあなたはラッキーですよ。

こんにちは、達磨です。
こちらの記事は、怪物事変から英語を学べます。
この記事を見つけてくれた人は、多分もうすでに見たよね??

この記事では、アニメの中で出てくる言葉から
英語を学べます。

さらに!

一度見たアニメなので、英語でも
そのアニメの情景が思い浮かぶ!!!

ここから、怪物事変をちょっと前に見た人のために、
CH11を思い出すために
少しネタバレを含みます。

怪物事変:CH11
ネタバレ

今回の話は前回の続き。
雪の里の双子の男の子、

晶はついに兄の結を見つけた。
でも、零結石のせいで心が飲み込まれていた。

晶の目の前にあったのは夏羽たちの氷の石像だ。。
いや、本物の夏羽たちが結によって氷漬けになっていた。

今回の大部分は結がなぜ零結石
飲み込まれたのかがわかるCHです。

最初は晶と結はとても仲が良く、
結が辛いこと、勉学等をして
晶は何もできないけど、話し相手になって
結の生きる意味になっていた。

そして時はきた。
完全支配下の二人は
「東京、怪物屋、隠神」だけを覚えて
雪の里から逃げることにした。

しかし、結は晶が安全に逃げれるように
取引を持ち出す。
それは、「自分が長になるから晶は雪の里から逃げさせろ」

周りの女たちはそれを受け入れたかのように思えたが
結は聞いてしまう。
すでに晶は死んでいるだろうと。。。

我を忘れた結。
その村ができた頃からその里をまもるためにあった石
「零結石」の力を使って里を滅ぼしたのだ。。。

これが結の身に起きた出来事。


話を戻そう。
氷漬けになっていった夏羽、織、隠神。
そこに現れたのは飯生野火丸だ。
彼らの目的は零結石の回収だ。

飯生野火丸に回収を頼んだ。
なぜなら、零結石は命をかてに力を発揮し、
寒さに対抗がある人じゃないと保持、いや触ることすらできないからだ。

これぐらいで思い出せましたか?
では今日の名言にいきましょう!!!

1つ目!

結の唯一の救い。。。

・Akira was my only salvation.
 → 晶だけが唯一の救いだった。

達磨
達磨

覚えておいきたい単語
・salvation = 救い、救世

この単語はキリスト教でめちゃめちゃ使われる。

2つ目!!

結の日常は勉学。生活の保護をする人たちの中でのいざこざなどから、彼の精神異常がわかる。

・I was swallowed up by hatred and animosity.
 → 嫌悪と憎悪に呑まれかけた。

達磨
達磨

知っておきたい単語
・swallow up by ~ = ~に飲み込まれる

・hatred = 憎しみ

・animosity = 敵意、腹立ち。

3つ目!!!

夏羽が結に対して、

・I have to convince him, even if it means fighting.
 → 戦ってでも説得しないと。

達磨
達磨

convince = 納得させる

ここ注目!
“even if” = ~~でさえ。たとえ〜、

接続詞みたいに使うことができる。
2つの文の間、または、文頭につけることができます!

お疲れ様です!
今日の名言にいきましょう!

結が晶に対して言った言葉。

晶の笑顔は美しい。
 Akira, you have a beautiful smile.
 
心が無垢だからだ。
 That’s because you’re so pure of heart.
 
俺はそれに救われる。
 That’s what saves me.
 
お前は汚れるな。
 Don’t you become tainted.
 
俺が守る。
 I will keep you safe.

今回はもう一つ。
野火丸から。

零結石に通用するかわかりませんけど、
 I’m not sure if they will work against the nullstone, though,

 今日は
 but, today,
 
本気でいきますよ。
 I’ll be going all-out.
 
上司の前なんで。
 The boss is around, and all.
野火丸

怪物事変一覧

         10 11 12

タイトルとURLをコピーしました