【始まりの書】第11話|アメリカで初めての試合

始まりの書
達磨の冒険とは

達磨が歩んできた
アメリカでの生活、経験を元に
達磨のステータスが上がっていくのを
ゲームのRPG風にお楽しみください。

始まりの書|11

夏のESlクラスが終わり、
練習にも慣れ始めてころ、
達磨のアメリカ、デビュー戦の日がついに来た。

アメリカの2年制大学は
4年制大学と違うリーグになっている。

4年制大学も2つに大きく分けることができる。
まぁ、この話はまた別で話そう。。

2年制大学のリーグはNJCAAという。
アメリカは大きいから、
関西と関東みたいに何個かに分けられている。

自分の大学はその中でも
めちゃめちゃ強いところ。

この地区で勝てば、
全国優勝?全米優勝?は
近いと言ってもいいぐらいええ地区なんですよ。

緊張の初戦はトップ下で先発出場。

前半20分ごろ、
達磨のスルーパスから得点が生まれる
1-0.

そして

前半残り10分

交代。

はっ!?前半で変える?

達磨
達磨

自分で言うのもなんやけど、
ミスしてへんし。アシストしたで?

後半、

達磨選手再び

達磨
達磨

練習試合かと思いました。
でも、アメリカのサッカーでは
前半に交代した選手は
前半のうちは出れないけど後半から出れる。
後半はいつでも誰でも何回でも交代可能

結果は5-0。圧勝。

達磨の得点はなかったものの、
アシストもして、チームに必要不可欠と
思わせるプレーはできたかな?と自己分析。
とりあえず、サッカーは楽しい。

達磨のステータス

  • 英語 13
  • サッカー 25 (疲れたら交代して元気なったらもう一回いくで!)
  • メンタル 一時的15/100, しかし、ルールがわかり75/100まで回復。


※サッカーしていて、
ベンチに座ったら終わりの感じがする達磨ですが、
ベンチに来てからあと5分ね。と言われると、
休むに休めない。達磨のメンタルは持つのか。。

達磨の成長物語|始まりの書【一覧】

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

タイトルとURLをコピーしました