【始まりの書】第02話|初めてみるガチのアメリカ人

始まりの書
達磨の冒険とは

達磨が歩んできた
アメリカでの生活、経験を元に
達磨のステータスが上がっていくのを
ゲームのRPG風にお楽しみください。

始まりの書|02

季節は、5月。もう6月になる。

大阪→ロサンゼルス→ツーソン
一本でいけないところが
アメリカの広さを物語る。

日本からアメリカの飛行機内は
全部日本語でも通じるので
安心感がすごい。

でも、ロスについてからは
全部、英語。

不安と期待を胸に、
長そで長ズボンの達磨が
降り立った場所アリゾナ州、ツーソン。

そこにはもちろん日本人、
アジア人もいないツーソン空港。

そこで待ってくれていたのが、
これから1年は一緒にいるであろう、
ルームメイトになるゴールキーパーのJames
もう一人のルームメイトのJake

小さな紙に
僕の名前を書いて待ってくれていた。

そして手を差し伸べてニコッと笑い一言。

James
James

|^¥ ^–^^- ¥¥^o^-;^- ‘&%#~=^l^

えっ、なに??

早すぎ!聞き取れん!!

訳わからん。

そして達磨の口からでたアメリカでの初めての英語。

達磨
達磨

YES.

アメリカ留学に何もしてないの!?

これだけは言っておく。

達磨
達磨

できることはやったぞ!!!

英会話、英検の勉強したよ。

英会話は有名な、あのウサギがシンボルのところ。
英検は、勉強して、
準2は合格してからアメリカにいった。

答えには何かしらの法則がある。
答えを見て覚えれば点数が取れる。
これが英検だ。

アメリカの空港について 絶望した。

英会話??

英検の勉強??

英語で会話するは別次元。

達磨の初期ステータス

  • 英語  0.001
  • サッカー  10

初期スキル

  • 根性

追加言語

  • YES

達磨の成長物語|始まりの書【一覧】

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

タイトルとURLをコピーしました