【始まりの書】第09話|夏のESLが終わってからの?

始まりの書
達磨の冒険とは

達磨が歩んできた
アメリカでの生活、経験を元に
達磨のステータスが上がっていくのを
ゲームのRPG風にお楽しみください。

始まりの書|09

【アメリカ留学】エイジェントとのいざこざ。

エイジェントははっきり言った。

エイジェント
エイジェント

夏のESLが終われば秋から大学の単位を取れるよ。

夏のESLでは全部Aをとり、
安心して大学のクラスが取れると思っていた。

しかし

ESLが60のレベルから85まであり、
60, 70, 75, 80, 85 というふうにあがっていき、

85になると大学のクラスと
ESL85の二つをとることができると判明。。。

達磨
達磨

そういう仕組みは聞いてないぞ〜。
ってことは、、、、
普通に考えて2年で卒業は無理やん。
2年でESL卒業やん。

達磨のステータス

  • 英語 12 (ESL60レベルを卒業できるレベル)
  • サッカー 22 (アメリカサッカーとの違いを知りだす)
  • メンタル 10/100 (ESLやばすぎやろ)

※ESLがある大学は留学生にとても優しい。
なぜなら大学側がお金を稼げるから。
だから、ESLがある大学には基本的に入りやすい。

入学試験に近い、
クラス分けテストがあるところもある。
一番大切なのは、いつ卒業できるのかを向こうの人に聞くこと

こちらの記事にもっと詳しく書いてます。

達磨の成長物語|始まりの書【一覧】

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

タイトルとURLをコピーしました